BBQ

夏だ!BBQだ!

梅雨が終わればもう夏ですね。
夏になったらやっぱりばBBQでしょう。

近場の公園でもいいけれど、やっぱり夏なら海で遊びながらやりたいと思う今日この頃。
BBQで満腹になったところで暗くなったら花火なんかもいいですよね。
外だから日よけのテントなんかも、こっそり買っておいたらポイントアップかもしれません。

みんなで食材を買いにスーパーへ

BBQの前に、みんなで食材を買いにスーパーへ行きました。
なんだかテンションも上がりすぎて、スーパーに買い物に来ている地元の人たちには、ちょっと迷惑がられてるかもしれないです。
でも買い物をしながら、スーパーでなに焼こうか、どんな事をしようか、なんて盛り上がるからしょうがないかもしれません。

とにかくお肉は必須で、足りなくなりなくなるのだけは厳しいという話から、まずは質より量という選択に。
ということで、予算を気にしながらも、あっという間に買い物カゴがまんぱんになっちゃいました。

女子がいるときは肉ばっかでもだめですよね。
ダイエット中とか言う女子も結構いることや、野菜も、といいたいところだけど、結局は女子にはお菓子があればいいのでしょう。
料理好きな子がいるなら、いっそのこと買いだしは女子に任せて、男子はBBQに徹しちゃうこともありかもしれません。

火を起こしはまかせろ!

キャンプでモテる男ってどんなものかというと、何のトラブルもなく火おこししているところがカッコいい、と女子が言っていました。
冗談なんか言いながら、手元では火が起こせる、なんていう余裕があったら、それこそ男からみったってかっこよすぎるでしょう。

火をおこすと言っても、ただ炭を入れてチャッカマンで点火すればいいもんではないらしい。
ちゃんと薪も使ったり、炭も重ね方をマスターしないとなかなかつかなくて苦労しました。
女子からは「まだ?」なんて、炎天下の中で攻められる場面も・・・。
ちゃんとシュミレーションしてからいかないと苦労しますね。
今度は男子だけで一回練習会してもいいかも。

少しは女子にいいとこ見せられた?

BBQをしている最中、どんな風に女子にどんなふうに見られていたかは正直よくわからないけど、やれることはやった達成感はあります。
火おこしは結局いいところを横取りされそうだったので、炎天下で女子が辛くならないように日蔭を譲ったり、飲み物気にかけてあげたり。やっぱしそういう気遣いができなきゃ、ってことに途中から気づきました。
女子だと、仕切り役は除くと、気使って食べものや飲み物に手出しにくいものだから、火おこすことや肉焼くこと、その他もろもろに関する裏側は、男子からのホスト的仕事で重要だと感じました。