モンキーバイクをメンテナンスするのが楽しいのです。

自己メンテナンスはメリットが大きい

バイク乗りの方なら、自分で愛車をメンテナンスできるようになっているとメリットは大きいです。

バイクというとややこしい精密機器がたくさん入っていたり、カバーをあければ様々コードがいりこんでいますので、なかなか素人では触ることができないように思いますが、基本さえ押さえれば簡単にメンテナンスをすることができるのです。
高校生の私でもできるのですから簡単なのです。

モンキーバイクをお持ちの方は、おそらくある程度改造をしたり、またかわいらしいフォルムが特徴ですので愛着がわいているかと思います。
なので長く乗ってあげるためにも日々のメンテナンスは欠かせないと思っています。

簡単なプラグの交換

まずモンキーバイクのメンテナンスとして、最も簡単で誰もができて、そして大事なことにプラグの交換があります。
初めてプラグを交換するときに、プラグって何とまず言葉の意味がわからなかったのですが、最近エンジンが始動しづらくなったときや、起動するときの調子が悪いときはまずはプラグを疑うのがモンキーバイクのメンテナンスの基本です。

エンジンにセットされている古くなったプラグを新しいものへと交換してあげましょう。
専用の工具があればただはずしてセットをするだけですので誰でも簡単に行うことができます。
この際注意をしたいことは、エンジンを切ってからすこし時間をあけてからプラグの交換をしてください。

エンジンを切ってすぐの状態だと、エンジンを触ってやけどをしてしまう恐れがありますのでご注意ください。

オイルの交換

そして次のモンキーバイクのメンテナンスはエンジンオイルの交換です。
これも簡単です。
汚れたきたないエンジンオイルを交換したり、また少なくなってきたエンジンオイルを補給することで、よりモンキーバイクに対する負担を減らしてあげることができます。
エンジンオイルは人間の身体でいうところの血液のようなものだとたとえられていますので、非常に大切なメンテナンス部品です。
エンジンオイルの交換は簡単で、古くなったオイルを抜いてから、新しいエンジンオイルをタンクの中に挿入すればいいだけです。

気をつけないといけないことは、地面を汚さないようにするためにモンキーバイクのしたに新聞紙をしいたり、または古くなったエンジンオイルを受け止めるための牛乳パックなどの容器を用意しているとあとの処理も簡単にできるかと思います。

こうした愛車であるモンキーバイクをメンテナンスしてあげていくと、しだいにバイクのメンテナンスができる幅が広がってくるものです。
となると万一のモンキーバイクの故障のときでもあわてずに対応することができますので、より楽しく安全にモンキーバイクを扱えるようになるとも思います。

特にモンキーバイクはメンテナンスのやりがいがあるバイクです。
小型ですので取り回しがしやすく。
ちょっと広い空き地があれば、そこでバイクを修理することもできますし、自宅の前でも人に迷惑のかからない範囲で修理やメンテナンスを気軽に行うことができますので、自分で修理をしてあげるのもいいかと思います。
自分で修理やメンテナンスができるようになってくると修理費用が浮きますし、またよりバイクがすきになること間違いなしなのです。